大切なのは愛情?!機械式時計に関する基礎知識

そもそも機械式時計って何?

機械式時計とは、内蔵してあるゼンマイを巻き上げることで針を動かすタイプの時計です。これと対になっているのが、電池と電子回路で針を動かす電動式(クォーツ)時計です。機械式時計は歴史が長く、時計職人さんが手作りしているものも多いため、時計そのもののステイタス性が非常に高いです。その反面、電動式時計に比べて値段が高かったり、強度が低いため取り扱いに注意する必要があったりします。ですが、だからこそ愛着が沸くというのが機械式時計の良さであり、面白さなのです!

愛着で選ぶなら断然「手巻き」

機械式時計には、ゼンマイを自動で巻き上げる自動巻きのものと、ゼンマイをリューズで巻き上げる手巻きのものがあります。一般的には手巻きの方が人気で、筆者が愛用しているのも手巻きのものです。実際、手巻きの方が愛着が沸きやすいですし、朝コーヒーを飲みながらリューズを巻く、みたいなカッコイイ大人の雰囲気も味わえます。3日もリューズを巻かないと簡単に針が止まってしまうため注意が必要ですが、愛着が沸けば「手が掛かるところも可愛いな」と思えるようになりますよ!

大切に扱って生涯の相棒に

機械式時計に強い衝撃を与えると、内部のパーツが折れてしまうため、大切に扱う必要があります。また、サビが出来てしまうと修理できなくなるケースが多いので、湿気に注意して保管しましょう。3~5年に1回はすべての部品を分解し、洗浄や注油することでメンテナンス(オーバーホール)を行います。適切に取り扱えば、機械式時計は数十年間使い続けることが可能です。今の時代、時間を確認するだけならスマホでも何とかなってしまいます。「時計」に愛着や面白さを求めるならば、ぜひ機械式時計を検討してみてください!

独創性と職人技とオリジナリティが共存するダミアーニのジュエリー。多くの貴族に愛され成長したブランドは、特に十字架のネックレスが有名です。