建物の壁が緑豊かな自然に変身?壁面緑化の利点と実施方法を学ぼう!

壁面緑化による居住性の向上と環境改善の詳細

壁面緑化は建物の壁に植物の蔦を這わせた状態を指します。植物の蔦や葉が茂ることで、建物の壁全体が緑に覆われるのが特徴です。他の建物の外観と差別化を図ることが出来る他、壁を覆う植物が日光を遮る役目を果たすので屋内の気温上昇を抑える効果が得られるのが利点です。また、外部の騒音や振動も軽減されることで居住性が向上することも壁面緑化が普及した理由の一つになっています。

壁面緑化は建物の居住性にプラスになるだけではなく、周囲の環境に影響を与えることがあります。植物が茂ることで虫や小動物にとって居心地の良い場所になるのが壁面緑化の大きな特徴です。建物を中心とした自然のコロニーが形成され、動植物に快適な環境が出来上がります。

住宅の壁を緑化する方法と適切に管理する方法

壁面緑化は事前の準備を適切に行うことでどのような建物にも施すことが出来ます。家族世帯が住む住宅でも植物の品種や補助用の金具などに気を配ることで壁一面を緑で覆った、綺麗な仕上がりの壁面緑化にすることが可能です。住宅は木造建築の物件が多いため、壁面緑化を行う際は建物に過重な負担をかけないように細心の注意を払うのが長持ちさせるための条件になります。壁面緑化に用いる植物は成長が早く、葉を多く茂らせる品種が適していますが、小規模な作りの住宅物件では過度に成長する品種は避けるのが賢明です。また、葉が多くなりすぎると病気や害虫などのトラブルが生じやすくなる他、枯れ葉が飛散して周囲が汚れるデメリットがあります。適度に剪定を行い、葉や蔦が増えすぎないように管理するのが住宅の壁面緑化を成功させる秘訣です。

壁面緑化の効果として省エネ効果や二酸化炭素の軽減というような効果がありますがそれだけではありません。他にも心理的な癒しの効果もあり、緑の中には野菜や果実など実のなるものもあります。